渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 陶磁器から溶け出す鉛 | main | 高茂花便り >>

発達中の脳に与える鉛の影響

 平岡宏則さんの、きのうの続きを記録しておきたい。
 疫学的研究上、わかりやすい指標として知能指数IQが使われ、極低レベル鉛暴露による知能低下が欧米の研究で証明されています。中枢神経毒性のある鉛はそれ以外にも、衝動性、注意欠陥、言語処理の問題、社会生活不適応、性特異的行動の不鮮明化など脳のあらゆることに影響を及ぼします。それによって思春期からの暴力や犯罪、不登校、引きこもり等にも繋がっていきます。子どもの一生、家族の一生を左右する重大な問題です。
 古代ローマ文明の崩壊の一因になったとされる鉛が、一般市民の知らないところで使われているとの警鐘である。平岡さんが指摘した健康影響は、環境ホルモンによる影響となんら変わらないことも再認識しておきたい。地下資源由来の合成化学物質依存の便利な生活にも、同じようなリスクが隠されていることを忘れてはならない。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ