渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< アケボノツツジ開花 | main | 弱い者の自覚を >>

迷路に入った

 きのうの篠山ではシハイスミレやタチツボスミレがほぼ終わって、コミヤマスミレが咲き始めていた。不老長寿の水の下手に咲くコミヤマスミレを、昨年からヒメミヤマスミレとの交雑種ではないかと思い始めていて、図鑑を読み返してみた。どうやら間の子ではなくて、同種の中で変化の多いスミレであるらしい。さらに読み進むと、まったく別の種であるシハイスミレとマキノスミレを区別することが無意味と思うほど似通った変異集団さえあり、どちらとも言えないような集団が存在していることこそスミレの世界であると言う。そう言われてみてようやく、今までナガバノタチツボスミレだと思い込んでいた種のほとんどがタチツボスミレとの交雑種に違いないと思い至った。種数の少ないスミレの世界は図鑑さえ読めばわかると甘く考えすぎていたと思い知らされた。どうやら理解不能な迷路のような世界に足を踏み込んでしまったようだ。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ