渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< サシバの場所探し | main | アカモズ >>

もっと賢く

 この日記に原発に関することを書かなくなって久しい。「フクシマ」以降メディアは詳しく報道するし、世間の人々も注目しているのだからと、私見を述べることを躊躇してきたからだ。だが最近の「汚染水漏れ事件」に関しては、もう少し踏み込んだ意見を書き残しておきたい。一口で言えば、「汚染水漏れ」は想定しなければならないこと・想定できることを想定していなかったことから起こったと言えそうである。そもそも「フクシマ」も想定しなければならないことを「想定外」のところに置き去りにしてきたことに始まる。人間文化研究機構 総合地球環境学研究所の初代所長を務められた日高敏孝さんは、作用・反作用という言葉を引用しながら、「人間が何かをすると、それに対して必ずなんらかの反作用が起こる」、だから何かをする時にはその先を熟考しなければならない、といった意味のことを言っておられた。政治や経済に関してもそうであるが、こと原発に関しては先をみる目が無いのではないかと思わされてしまう。人間とはもっと賢い生き物であったはずだ。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ