渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 原発記事は読まれているか | main | 楽しさと儲けは手軽に >>

目先の金儲けを援助する行政とメディア

 富士山が世界文化遺産に登録されたのに、世界遺産の範囲にある富士五湖の一部で外来生物法で駆除の対象になっているブラックバスを放流しているのは問題だと、民放テレビが取り上げた。だが既得権益を持つ漁業者の利益にも配慮するなどと、当たり障りのない結論に落ち着いた。ブラックバスに手当たり次第に小魚を食い尽くされた時、素人の私の頭に一番に浮かぶのはカワセミやヤマセミ、アカショウビンといった野鳥の食べ物がなくなることだ。生態系に詳しい人間ならもっと多くのデメリットが考えられるはずだ。人間を養ってくれている自然が食い荒らされているのだ。さらに、釣ったブラックバスはキャッチアンドリリースだから数は減らないで、毎年繁殖する数と放流する分が増加することになる。増加したバスは、当然餌が減るのだから流域の他の場所を求めることになる。そうすると放流した湖だけでなく広い範囲に生息域を広げてしまう。そしてその場所でさらなる環境破壊を起こしてしまう。こんな原則的なことさえ見落とした、掘り下げ不足の番組であった。ところでバス釣りに使うボートを貸し出す業者は、漁業者なのだろうか?本当のところは観光業者ではないのだろうか。農水省所管の法律で観光業者を保護するということが行われているのかもしれない。なにはともあれ、行政は目先の金儲けの協力しか出来ないらしい。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ