渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 原子力資料情報室通信から | main | 久しぶりにグンカンドリ >>

新撮影ポイント発見

 先月20日から、渡り鳥の観察のために由良半島通いを続けている。家から片道33km、45分の時間がかかる。もうひとつの渡りのメッカ・高茂岬も片道31km。二酸化炭素の排出を抑えて、タイヤの磨耗も少なくするには、どこか近くに撮影ポイントを見つけなければと考えていた。今朝は思い立って西海半島の付根に当る馬瀬山で観察してみた。観察開始後30分もたったころ、ノスリ、サシバ、ハチクマと出てきて、やがてサシバが上昇気流をつかまえては鷹柱をつくる。さらにはオオタカ、ミサゴ、チョウゲンボウ、ハヤブサも姿を表しては去っていき、また新たな個体がやってくる。種類も数も出るのでカメラを据えたのは、展望タワー入口前の広い駐車場の片隅。周りは開けているからじっくり狙えるし、低い位置を飛んでくれるので尾の横帯もはっきり見える。駐車場は広く誰の迷惑にもならない。そしてお誂え向きの木陰もあるから、そこでイスに掛けての撮影である。自宅からの距離は12km。通うのにも、座るのにも快適な場所である。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ