渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 綺麗なモデル生かしておけない | main | 鳴く虫の声が判らない >>

国内唯一のオオストラリアシャジクモ

 愛媛CATVの愛南チャンネルで現在放送中の「愛南ワンダーランド」で橋越先生が紹介している「オオシャジクモ」について少し説明しておきたい。愛南町に珍しいシャジクモがあると教えてくれたのは特定非営利活動法人「愛媛生態系保全管理」の藤原さん。わたしは橋越先生に誘われて9月1日いっしょに説明を受けた。町内増田にある元池と隣接する城ノ池の2箇所で、国内では鹿児島県の池田湖にだけ生息していて今は消滅してしまったオーストラリアシャジクモが発見されたと現地で見せてもらった。雌雄異株だから雄花と雌花がちがう株に咲くオーストラリアシャジクモ。マクロレンズで近寄ってみるとなんとも美しい花である。藤原さんには、オーストラリアシャジクモだと現時点で断定してしまわないで、今後DNA検査なども含めた詳細な調査をする姿勢・雰囲気が感じられた。オーストラリアシャジクモだった場合、現在分かっているうちでは国内で愛南町だけということになり、該当しない場合には【新種】ということになる。
 いっぽうオオシャジクモは絶滅危惧砧爐如8県の8地点に産地があるというが、愛媛県では今治地方の1地点だけで確認していると、藤原さんは報告している。テレビでの橋越先生はおそらく言い間違えた、出だしが同じ名前であり、原稿も持たないでしゃべられたのだから、そうに違いないと思って、勝手に余計なお節介を書いてしまった。写真はオーストラリアシャジクモの雄花。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ