渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 鶴は追い立てられた? | main | またまた鶴について >>

また鶴がやって来た

 午前9時、この間の鶴はもう帰ってこないだろうとパトロールした広見の田丁。この前飛び立つ寸前まで食事をしていたあの田んぼに、鶴が1羽いるではないか。ナベヅルの成鳥である。この前の2羽のように稲の二番穂を食べている。1羽だけだから、宇和島に来ていた個体かもしれないし、まったく別の場所から飛来してきたのかもしれない。いやいや、この間の2羽のうち、若鳥にアクシデントが起きて、残った成鳥がやっぱりこちらの方が安全だと判断して帰ってきた可能性も考えられなくは無い。さいわいこの鶴に気付く人はいないらしい。夕方日暮れころに行ってみて、遠くから双眼鏡で見ていると、食事をやめてきょろきょろし始めた。塒に向うのだろうとカメラに手を伸ばした時、飛び立った。17時12分だ。「彼は誰」時の乏しい光量の中で手持ちで飛翔を撮影したが、仕上がりはおそらくシルエットだけであろう。地上からねらっているレンズに気付いているはずだから、数個までやめて車を移動させる。2分ほど上空を旋回して少し移動したが、塒をほぼ決定した風に感じられた。今度の個体には、安心して過ごしてもらいたい。なお、昼前には旧中村市でマナヅルの成鳥2羽が田んぼに降りている姿も記録した。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ