渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< また鶴がやって来た | main | ワタムシ >>

またまた鶴について

 きのうの愛媛新聞には松野町にやって来たマナヅルが紹介されていた。すごいアップの写真である。きのうの写真も21日の愛南町での写真でも、鶴はなにをしているだろうか?近寄ってきた人間が気になって、警戒しているとしか見えない。15日のわたしの写真では、鶴たちはこちらを気にしては居ない。もっと遠くで食事していたのに、鶴のほうから近寄ってくるシーンなのである。大型で目立ちやすい鶴たちは、こうして追い立てられていく。26日に再来した広見のナベヅルは、日記を非公開にしていたが今日公開する。15日に載せた写真の田んぼの稲は、1週間もしないうちにトラクターで叩き込まれてしまった。稲の二番穂が残った田んぼはもう少しあるものの、人家や道路との関係で利用しづらい。おそらくはこの田んぼでしか餌はとれないだろうと考え、今朝は暗いうちに米を一升ほど持って行ってやった。昼前に見たときにはまだ気付いてないようだったが、やがて気付いて食べてくれると期待している。この日記から関心をもたれた方も、どうか車を停めたりしないでせめて徐行運転でやり過ごして欲しい。野生たちは人間の目線を最も気にしている。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ