渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 世渡りが下手 | main | タネを寒にさらす >>

百両足りない

 庭の模様替えをしていて一坪ほどの空きスペースができた。築山の前だから背の低い植物を植えたいと思いながら決断できないで居た。そんな中「万両、千両、有り通し」という言葉を知った。万両(マンリョウ)と千両(センリョウ)と並べて一両(アリドウシ)をいっしょに栽培するとたいへん縁起がいいという語呂合わせらしい。なるほど面白いが、それならいっそのこと百両(カラタチバナ)と十両(ヤブコウジ)も植えて、万両から千両、百両、十両、一両とすべて揃えたいと思い立った。マンリョウとセンリョウは築山の実を収穫した。ヤブコウジとアリドウシは簡単に山採りできる。ところがカラタチバナは自然界でお目にかかったことが無い。百両足りないことになってしまった。だがこちらも種苗会社に注文すれば手にはいるはずだから心配は無用だろう。正月だてら来年のことを言うと鬼に笑われそうだが、今年苗を育てて土づくりに励み、来年は5種類の小判を並べてみたい。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ