渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 新たなリスク | main | 新エネ計画に喝 >>

血圧でだまされるな

 血圧を下げる降圧剤「ディオバン」の研究データ偽装疑惑で、東京地検の特捜部が動き始めたという。こんな嘘八百は徹底的に正すべきだ。降圧剤にはもっと大掛かりな「やらせ」があると一部の医者は言う。ある医師が書いた本によると、血圧とは本来年齢とともに上昇し、60歳代後半ころから150の90くらいの数値は当たり前なのだという。そんな中で薬の売り上げ増を目論む製薬会社が働きかけ、じわりじわりと数値を下げて、ついにWHOまでが130と80という数字を認めることとなり世界の常識とされてしまったというのだ。飲まなくてもいい薬を、メーカーの儲けのために飲まされていることになる。さらに今病院で処方される降圧剤の副作用については、まずほとんどの医者が説明することはない。血圧を下げて循環器系の病気からは逃れられたが、細胞が変異して癌で死ぬリスクは知らされないというのである。

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ