渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 家事労働格差 | main | レンジャク北上、ツバメ初認 >>

3月11日

 またまた3月11日が巡ってきた。わたしの場合大震災より、地震と津波を軽んじてきた一部の人間が引き起こした「原発事件」を思い返すのが、今日この日である。事故の原因も究明されていない中でますます加速する「原発再稼動」。最近の文芸春秋に掲載された田原総一朗さんの一文を引き合いに一言。
【自民・公明両党の東日本大震災復興加速化本部の大島理森本部長は「私は火力も限界だと思う。古くなって使うのを止めた錆だらけの火力発電所を無理矢理に修理して使っている常態で、いつ事故が起きるか気が気でない。それに原発停止分だけで年間3兆6千億円も海外に流出している(輸入コストが膨らんでいる)んですよ。しかも、火力中心だとCO2が増えて環境が大変なことになる。‥‥だからそれまでは原子力発電でいくしかないんです」】
 国に目をつぶされて見えなくなった奴隷としての国民なら、こんな言葉で騙せるかもしれない。しかしよく読んでいくと、錆だらけの火力発電所とは、原発にシフトして不要になったから維持管理しないで放置したプラントのことなのである。(不使用でも財産管理の人件費等も当然必要だし、所有している電力会社にかかる固定資産税などはこの間も電気料金として受益者に負担させてきた。)。原料の輸入コスト増は、量の増加より「アベノミクス」がもたらした円安による為替差損の方が大きいというのが、エコノミストの論評である。さらにCO2排出量では、原発に使うウランの採掘から廃棄、施設の建設から廃棄までのトータルでの評価をまったくやらないで、単純に化石燃料だけ取り上げたものである。電事連やプラント関連企業の利益しか頭にないこんな発言に、日本国民は肯くのだろうか?

スポンサーサイト


コメント

コメントフォーム










管理者ページ