渭南エココミュニティー

INAN eco community
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Information

渭南エココミュニティー
リンクフリー
サイト名:渭南エココミュニティー
アドレス:http://inan-eco.jugem.jp/

【コンセプト】
 太平洋戦争のいたましさを引きずっている。アジア諸国を侵略したとの非難と悔恨である。開国いらい、欧米列強に殖民されないために他国を殖民しようとしたことが原点にあるはずだ。有史以前からの人類の歴史をみると、ずっと征服と殖民の歴史のようにみえる。ヒト科ヒト属ヒトとは、殺戮に痛みを感じない生き物なのだろうか。いまミャンマーでも同じことが繰り返されているように、過去だけでなく現在も止まることはないようだ。
日本の過去の公害でも強者が弱者を切り捨ててきた。現在進行している化学物質による環境汚染も、国政を巻き込む富裕層が、消費者である一般国民の眼を欺こうとしえいるといえば言い過ぎかもしれないが、日弁連からも決議が発せられるほどである。
地球温暖化においても、おそらく弱者は切り捨てられるだろう。地球に住めなくなったら別の星に移住すれば良いと考えている人間は、弱い者にも手を差し伸べて連れて行ってくれるだろうか?
いったいヒトとはどんな生き物なのだろうか。その本質に迫ることはできないだろうけれど、四国の片隅でもみられる日々の変化のなかから、人類の先行きを見つめていきたいと考えている。

【プロフィール】
 生年 1947年
 性別 男
 住所 愛媛県愛南町
 職業 無職
 所属 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
     化学物質問題市民研究会
 活動 環境カウンセラー
     愛媛県環境マイスター
     愛媛県地球温暖化防止活動推進員
     愛南町環境審議会委員
 信条 劫初よりつくり営む殿堂に 我も黄金の釘ひとつ打つ
 ・ へその緒を切って産湯を使い還暦まで育ててくれたこの地は私の殿堂。同じく太陽光、大気、水、土壌、野生生物の五つの自然構成要素は欠かせない殿堂。私のすべてといっても過言ではないこの二つの殿堂に一人分の恩返しできなければ、生まれてきた意味はないと肝に銘じている。


管理者ページ